自律神経の乱れと妊活

こんにちは
錦糸町はり灸院です

自律神経の乱れと聞いて
どんなことを思い浮かべるでしょうか

【自律神経チャックリスト】

・ 手、足が冷たいことが多い。
・急に息苦しくなることがある。
・動悸がすることがある。
・頭がスッキリしない(頭が重い)
・眼がよく疲れる。
・めまいや立ちくらみがある。
・耳鳴りがすることがある。
・いつも胃にもたれるような感覚がある。
・下痢や便秘をすることがよくある。
・肩がこりやすい。
・背中や腰が痛くなることがよくある。
・なかなか疲れが取れない。
・気持ちよく起きられないことがよくある。
・仕事のやる気が起こらない。
・夢を見ることが多い。
・夜中に目が覚めたあと、なかなか寝つけない。
・ちょっとしたことで落ち込んだり、イライラすることがある

以上
3つ以上チェックがつく場合自律神経の乱れがある可能性があります

jiritu.jpeg

自律神経の乱れにはホルモンバランスの変化が深く関わっています。
ホルモンの分泌と自律神経をコントロールする脳の部位が近いため、ホルモンバランスの乱れが自律神経の不調を招き、またその逆も起こり得ます。
女性の月経周期は2つの女性ホルモンの増減に影響される為ホルモンバランスが乱れることで生理不順や生理痛、PMSの原因となったり、
PCOSなどの排卵障害や黄体機能不全につながる場合もあります

ホルモンバランスの改善には普段の生活も大きく関わっています。
そのため乱れが起きている原因を取り除くことが大切です。

つまり食事・運動・睡眠のバランスをとった生活習慣が重要です
栄養バランスのとれた規則正しい食事を心がけましょう。
特に女性ホルモンの分泌に効果的なビタミンB6・E、女性ホルモンと同じ働きを持つ植物性のたんぱく質は積極的に摂取したい成分です。
また運動は自律神経を活性化し、ホルモンバランスを整える働きをします。適度に身体を動かすことを心がけましょう。
ウォーキングや散歩などの運動でも、十分な効果が期待できます。
そしてホルモンバランスを整えるためには、日々楽しいと感じて過ごすことも大切です。
日々のストレスを感じにくくする、または発散する癖を持っていきましょう!