症状別ページ

▼ ゴルフ肘・テニス肘

カテゴリ:症状別 雑学

こんばんは、副院長の高野信治です。
本日のお話しはゴルフ肘・テニス肘についてです。

ゴルフやテニスをされていらっしゃる方に多く起きるのでこのように呼ばれています。
正式傷病名は「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」です。

痛みを感じる場所は肘の外側になります。
ここには手首や手の指を伸ばす筋肉が付着しています。
ボールを打つ時などに手首の返しを頻繁に行う事でこの部分に炎症が起き易くなります。
当然、スポーツ以外でも手首の返しを頻繁に行うことがあれば受傷します。

症状緩和方法としては、包帯やテープ、バンドを用いて前腕部の一番太い場所をぐるっと巻いて固定してしまいます。
これだけで大分楽になりますが、治りにくく悪化しやすいので早めの治療をお勧めいたします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ