錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > 足底筋膜炎へのアプローチと原因考察ー錦糸町ー鍼灸

症状別ページ

▼ 足底筋膜炎へのアプローチと原因考察ー錦糸町ー鍼灸

カテゴリ:症状別 雑学

こんにちは。
錦糸町はり灸院です。

先日、営業の仕事をしているのに
足底筋膜炎で歩くのが辛いんです
という方がこられました。

トレーナーの専門学校へ通っていた時
クラスメイトが
朝起きた時の1歩目がピギャー!!!!ってなるんだよ
と、遊びながら覚えた
足底筋膜炎について載せていきます。


足底筋膜炎とは、
足に疲労が溜まったり、足底筋膜が硬くなることにより
寝起きの1歩目や踵を着いたときに激痛が起こるものです。

足底筋膜が硬くなることでクッションとしての
正常な役割を果たすことが出来なくなっているのが原因です。


なぜ、足底筋膜が硬くなるかというと、
普段履いている靴やスリッパなどに原因になります。

例えばクッション性の高いものだと
あまり衝撃を感じず、
足への負担をあまり感じないような決がすると思います。

しかし、足は歩けば疲労し、
使った筋肉は硬くなっていくので
気づかぬうちに疲労が重なった結果足底筋膜が硬くなってしまうのです。


寝起きに激痛が走る原因としては
クッションなど何もなくダイレクトに衝撃が加わることが要因となります。

正常では、地面についたときに緩むことで
衝撃やわらげている足底筋膜が

硬くなっていることで衝撃をやわらげられず、
逆に付着しているかかとを引っ張ってしまうため激痛となります。


足底筋膜炎を改善していくためには
足の疲労をとっていくこと、
硬くなっている筋肉を緩めること
が大切になります。

痛みは足底にありますが、
ふくらはぎにある筋肉も痛みの原因になります。

まずは温めと、硬くなっている筋肉を緩めるようにしてみて下さい。


本日も最後までお読み頂き
ありがとうございます。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ