症状別ページ

▼ 顎関節症について

カテゴリ:症状別 雑学

こんばんは副院長の高野です。
本日は顎関節症についてお話いたします。
症状としては口を開けたり閉じたりする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がします。

顎(あご)は微妙に入り組んだ形と複雑な機能をもっています。
ここには筋肉と関節と神経が集中し、下の顎をささえています。
食事をしたり、おしゃべりしたりすると連動して動いています。

この顎の関節やその周囲が何かの原因で痛みや動きにくくなるのが顎関節症です。
あごが思い通りに動かず、食べ物が噛みにくい。
あごを動かすと不快な音がする。
痛みを感じて口が開かない。
顎ばかりでなく、肩こりとか、腕や指のしびれ、偏頭痛、耳や鼻にも不快感を覚える。

このように症状は広範囲にわたり、人によっては軽い症状から重い症状まで、個人差が大きいのが特徴です。
顎関節症の多くは適切な対処で、日常生活に支障をきたすことがない状態にもっていけるものです。
重い症状の場合、ほうっておくと、進行してあごの機能が完全に破壊されてしまうこともまれにあります。

顎関節症の代表的な症状
顎関節やその周辺に異常を感じる。
食べ物を噛む時に痛みや異常を感じる。
食事をしているとあごがだるい。
口を動かすと顎関節に痛みがある。
噛みしめると顎関節が痛い。
口を開けたり閉じるする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がする。
口が開けにくくなったり、口の開閉をスムーズに行うことができない。
口が左右にうまく動かない、開けにくい、あごが外れることがある。

症状は、悪くなったり良くなったりをくりかえします。再発もしますがあまり心配しなくてよいケースが多いようです。
また生活習慣の改善で病状は軽減されます。

顎関節症が原因と見られる副症状
頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなどの全身におよぶ痛み。
めまい、耳鳴り、耳がつまった感じ、難聴。
眼のつかれ、充血、涙が出る。
鼻の症状(鼻がつまった感じがする)。
顎が安定しない、噛み合わせがうまくできない。
歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口が渇くような気がする。
嚥下困難、呼吸困難、四肢のしびれ等が起こる。

以上のような症状がある場合は早めの診察をお勧め致します。
最後までお読み頂きありがとうございました。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ