錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > 四辺形間隙症候群(QLSS)について

症状別ページ

▼ 四辺形間隙症候群(QLSS)について

カテゴリ:症状別 雑学

こんばんは副院長の高野です。
本日は四辺形間隙症候群(QLSS)についてお話いたします。
こちらもいわゆる五十肩との鑑別が必要となります。

症状としては以下の通りです。
・腕の付け根、脇の下部分を押すと痛み(圧痛)がある
・肩の先端、三角筋の痛み
・肩を中心とした広範囲の痛み

原因
腋窩神経が上腕と脇の下の筋肉に挟まれて起こる痺れや痛みです。
この場所には上腕骨・小円筋・大円筋・上腕三頭筋で四方を囲まれた隙間があり、この中を腕の神経である腋窩神経が通り抜けています。
腕を動かした時にこれらの筋肉が関与するため障害が起こりやすい部分です。
上腕骨・小円筋・大円筋・上腕三頭筋長頭とで出来る間隙をクアドリラテラルスペース(QLS)とよびます。
ここには後上腕回旋動脈と腋窩神経が通るため、打撲や出血、絞扼などによって、三角筋の萎縮マヒ、肩側面の痛み、血行障害が起こります。
野球などのスローイング動作で絞扼する場合もあります。

猫背のかたなどにみられることが多く姿勢が原因になる事もあります。
デスクワークなどで身体の前方に腕を伸ばして使っていると猫背になり易く
また、この姿勢でQLSが狭まり発症するようです。

筋肉の変性を主体とした五十肩とは治療法も異なってきますので自己判断せず最寄りの医療機関で診断してもらうことをお勧めいたします。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ