症状別ページ

▼ 変形性膝関節症とは

カテゴリ:症状別 雑学

こんばんは副院長の高野信治です。
本日は変形性膝関節症についてお話いたします。
症状としては男女比1:4で女性に多くみられます。
高齢者になるほど罹患率は高くなります。
主な症状は膝の痛みと水がたまることです。

初期症状では立ち上がり時や歩きはじめなどの動作開始時に痛みがあらわれます。
中期症状では正座や階段の昇降が困難となります。
末期症状では安静時にも痛みがとれず変形が目立ちはじめて膝が伸びず歩行困難となります。

原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や遺伝も関与します。
また骨折や靱帯及び半月板の損傷、化膿性関節炎などの感染後遺症として発症することがあります。
加齢によるものでは関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い使いすぎによるすり減りで関節が変形します。

予防(日常生活での注意点)
ふとももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える。
正座をさける。
肥満であれば減量する。
膝をクーラーなどで冷やさず、温めて血行を良くする。
洋式トイレを使用する
以上を行うことで予防します。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ