錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > 五十肩と紛らわしい肩の痛み

症状別ページ

▼ 五十肩と紛らわしい肩の痛み

カテゴリ:症状別 雑学

こんばんは副院長の高野信治です。
本日はクアドリラテラルスペースシンドローム  【Quadrilateral Space Syndrome】
(四辺形間隙症候群)QLS、QSS、QLSS
といわれている五十肩に症状が紛らわしい痛みを紹介いたします。
症状としましては、
腕の付け根や脇下の圧痛がある。
三角筋に疼痛がある。
肩周辺の広範囲の痛みがある。
この痛みは非常に強く出ます。ですので五十肩との鑑別が必要です。
腋窩神経といわれる神経が上腕の骨と脇の下の筋肉に挟まれて起こる痛みです。
腋窩(わきの下)には骨と筋肉が創り出す隙間があり、その隙間を神経が通り抜けています。
普通は問題ないのですが、筋肉が固くなるなどでこの隙間が思った以上に狭くなる事があった際に障害が起こります。

上腕骨・小円筋・大円筋・上腕三頭筋長頭とで出来る間隙をクアドリラテラルスペースとよびます。
この隙間を後上腕回旋動脈と腋窩神経が通るためこれらが圧迫されると三角筋麻痺や肩関節の痛み、血行障害となります。
治療方法ですが
硬くなった上記筋肉を柔らかくするための動かす方向を考えた運動療法や日常生活動作の指導が重要となります。
痺れを伴うなどの場合も鑑別の為の注意が必要です。
自己判断せず、適切な医療機関で検査を受けましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ