錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > 姿勢からの足裏に出る症状について

症状別ページ

▼ 姿勢からの足裏に出る症状について

カテゴリ:症状別 雑学

おはようございます。副院長の高野です。
本日は姿勢からの足裏に出る症状についてお話いたします。

足裏の前方中心、三番目の指元が固くなっていたりウオの目が出来ている方がいます。
これは偏平足のかたや足のアーチが崩れている方に見られる症状です。
外反母趾や内反小指を伴って居るかたもいます。
原因は足裏がつぶれてしまって指が地面に着いていないからです。

外反母趾や内反小指も足裏のつぶれが原因です。
そしてそもそもの足裏のつぶれは姿勢が原因です。

いわゆる老人性姿勢といって
首が前に倒れる
背中が丸くなる
骨盤が前倒になる
太ももの前や横の筋肉が硬くなる
膝が前に出る
足首が上に上がらなくなる

これは年齢に関係無く、なる方はなっています。
偏平足、外反母趾、ウオの目はすべて姿勢を介して関連性があります。

姿勢からの改善が大切なことがお分かりいただけましたでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ