錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > 腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)について

症状別ページ

▼ 腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)について

カテゴリ:症状別 雑学

こんばんは、副院長の高野信治です。
本日は腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)についてです。

ランナーの方が良くなるのでランナーズ二―とも言われています。
歩行時や走行時に膝の外側に痛みが出ます。
腸脛靱帯とはふとももの外側を大きく覆っている大腿筋膜張筋の靭帯なのですが、
炎症の原因はこの腸脛靱帯の膝付近での骨との摩擦が原因です。
予防法はこの腸脛靱帯のストレッチとハムストリングと言われているふともも後ろの筋肉強化を行います。
治療法は患部の安静が一番有効です。
その上で患部の状態によりますが、急性期のような熱感や腫れがある場合は冷却を考えます。
症状が落ち着いてきたら下肢のマッサージを主体に血行を良くしていきます。
このとき患部はマッサージの対象外として下さい。
悪化すると厄介な場所なので違和感が出たら早めの対処をお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ