錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > 妊娠に必要な栄養素「葉酸」の取り扱いと摂取方法ー錦糸町ー鍼灸

症状別ページ

▼ 妊娠に必要な栄養素「葉酸」の取り扱いと摂取方法ー錦糸町ー鍼灸

カテゴリ:症状別 雑学

こんにちは!
錦糸町はり灸院です!

今回は葉酸についてお話させていただきます。

葉酸は「赤血球の形成」や「エネルギー・DNAの合成」
に大きく関係します。
葉酸が不足してしまうと悪性貧血や免疫力の低下が起こります。

葉酸は細胞を作り出す働きもあり、特に妊娠中は「胎児の成長」に大きく関わることから
普段の摂取量の2倍程の摂取量が必要とされています。

※妊婦の必要な葉酸の数値は400~480gとされています。

葉酸は野菜に多く含まれていますが熱に弱いので、調理することで約50%が
失われてしまいます。しかも体内で使われているものはその半分の量です。

そこで葉酸が溶け出さない上手な摂取方法をお伝えしていきます。

1.葉酸は水や熱に弱いので、水での漬けおきは控える。
2.青菜ではなく果物からも多く取れるので、効率よく取るなら果物から摂取する。
3.洗うときは手早く、水にさらすのは短時間がオススメ。
スープやみそ汁、煮びたしなど、汁ごと食べられる料理にするのも賢い方法です。
4.熱処理は最小限に心がける。水溶き片栗粉でとろみをつければ焼いてでてきた栄養も
無駄なく摂取できます。
5.葉酸は光にも弱いです。日に当たるところに置くと、3日間で70%も葉酸が分解されてしまうので
野菜を買ったらすぐに冷蔵庫で保存しましょう。

こういった少しの努力で大きな成果を生みましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます!
錦糸町はり灸院 成澤 佳希
7月6日 15:06

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ