錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > バネ指の機序と鍼灸治療ー錦糸町ー東京

症状別ページ

▼ バネ指の機序と鍼灸治療ー錦糸町ー東京

カテゴリ:症状別 雑学

こんにちは。
錦糸町はり灸院です。

今日は最近増えている
バネ指について載せていきます。


バネ指は腱鞘炎の一種で、
女性に多く見られます。

また、指をよく使う男性にも
見られることがあります。

症状は、指を曲げ、伸ばそうとすると
指がバネのようになって伸びにくくなります。

ひどい場合では指が曲がったままになり、
反対の手で伸ばさないと戻らなくなります。


要因としては、指を曲げる腱は腱鞘(けんしょう)
というトンネルをくぐるのですが、
手の使いすぎなどで腱鞘が肥厚すると
滑りが悪くなったり引っかかったりして
スムーズに通過できなくなります。

それが続くと曲がったまま
戻らないという状態になります。


原因としては、手の使いすぎの他にも更年期の女性や、
妊娠出産期の女性にも多く生じます。

指を使わないということはほとんどないと思います。
そして使うことにより悪化していきます。

どうしても使うことを避けられないという場合には
装具を使うことも有効です。


自分で出来ることとしては、
筋肉を緩めることです。

指先を使うということは肩甲骨や背中の
筋肉も使うことになります。

指先の症状が出ている場所だけでなく、
肩甲骨や背中もストレッチや動かすように
意識してみて下さい。


本日も最後までお読み頂き
ありがとうございます。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ