錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > 炎症時のRICE処置方法ー錦糸町ー鍼灸

症状別ページ

▼ 炎症時のRICE処置方法ー錦糸町ー鍼灸

カテゴリ:症状別 雑学

こんにちは。
錦糸町はり灸院です。

今回は怪我をしてしまった後の
応急処置を載せていきます。


みなさん1度は足首を捻ったりぎっくり腰をしたりどこかぶつけたりして
痛みがでたことはあると思います。

そんな時には受傷直後から
処置をすることが大切になります。

そこで行っていくのが
RICE処置になります。

RICE処置はRest(安静)、Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)
と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。


それぞれを簡単に説明していきます。

•Ice(アイシング)-患部の冷却
冷やすことで痛みを減少させることができ、
また血管を収縮されることによって
腫れや炎症をコントロールすることができます。

•Compression(圧迫)-患部の圧迫
適度な圧迫を患部に与えることで
腫れや炎症をコントロールすることができます。

•Elevation(挙上)-患部の挙上
心臓より高い位置に挙上をすることで
重力を利用し腫れや炎症をコントロールすることができます。


RICE処置を損傷後すぐに適切に行うことで、
治癒を早めることができます。


1回に冷やす時間は15分~20分程にし、
凍傷には注意しておいてください。


また次回、詳しく説明していきますね。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ