錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > 肩甲骨の動きを使って腕の負担を減らす方法ー錦糸町ー鍼灸

症状別ページ

▼ 肩甲骨の動きを使って腕の負担を減らす方法ー錦糸町ー鍼灸

カテゴリ:症状別 雑学

こんにちは!
錦糸町はり灸院です。


前回は腕の付け根について
載せていきました。

今回はそれを実践的に
使えるようにしていきます!


まず、腕の付け根とは「肩甲骨」でしたね。

肩甲骨を腕の付け根だと思うことにより
動かせる範囲が違うことは先週の記事で
わかっていただけたかと思います。


今回は壁を押していきます。

最初に、肩が付け根だと思って
壁を押してみてください。

次に肩甲骨が腕の付け根だと思って
同じように壁を押してみてください。


力強さはいかがでしょうか?

肩甲骨は体幹部にあります。

人間の筋力は手足よりも体幹部の方が
圧倒的に強くなっています。

肩関節から指先までの筋肉だけで腕を使うのと、
肩甲骨から指先までの筋肉で腕を使うのとでは
筋力の差が歴然なのです。


これは重い荷物を運ぶ時にも有効なので
是非、意識してみてください!

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。

次回も身体のことについて
載せていきます。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ