錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > 全体呼吸と酸素の導入についてー錦糸町ー東京

症状別ページ

▼ 全体呼吸と酸素の導入についてー錦糸町ー東京

カテゴリ:症状別 雑学

こんにちは。
錦糸町はり灸院です。

ここ3週にわたり呼吸について
載せていきました。

今回はそのまとめになります。


先週のところで
腹式呼吸と胸式呼吸について
載せていきました。

さて、どちらの方が
身体には良いのでしょうか??


正解は「同時に行う」です!

肋骨が開いて胸も背中も膨らみ、
同時に横隔膜が下がって内臓を押し出す。

始めから意識して行うのは
難しいかもしれません。

でも、実は普段呼吸しているときというのは
無意識で同時に行っているのです。


胸式呼吸=肺に空気を入れて胸を膨らませる。
腹式呼吸=横隔膜を下げて肺の容積を拡大し、
空気を取り入れやすくするもの。


言葉で書くと難しく感じますね。。。


なんとなく意識をするだけでも
1度に入ってくる酸素の量は変わってきます。

反対に、
呼吸は自分で調節できるものなので
間違った意識をしていると酸素が入りづらくなります。


ぜひ、良いイメージをして
たくさんの酸素を取り込んでみて下さい。


最後までお読み頂き
ありがとうございます。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ