錦糸町はり灸院 HOME > 症状別ページ > 症状別 雑学 > 胸式呼吸と腹式呼吸の違い 解説 錦糸町ー東京

症状別ページ

▼ 胸式呼吸と腹式呼吸の違い 解説 錦糸町ー東京

カテゴリ:症状別 雑学

こんにちは!
錦糸町はり灸院です。


前回は深い呼吸について
載せていきました。

今回は胸式呼吸と腹式呼吸
について載せていきます。


胸式呼吸と腹式呼吸という
言葉はよく耳にしますよね。

胸式呼吸=胸を膨らませるもの
腹式呼吸=お腹を膨らませるもの

というイメージはありませんか?


胸を膨らませるのは
胸にある肺に空気を入れるので
正解です。

けれど、
腹式呼吸がお腹に空気を入れると考えていたら
これは間違いです。

お腹に肺はありませんよね?
空気が入るのは肺だけなのです。


では、なぜお腹が膨らむのでしょうか?

それは、肺のすぐ下にある横隔膜が下がって
内臓を押し出しているのです。

横隔膜が下がって肺の容積を拡大し、
空気を取り入れます。

お腹を膨らますイメージは同じなので
考え方としは大きく離れていません。

ただ、イメージとして内臓を押し出すということを
考えて腹式呼吸をしてみると感じはどうでしょうか?


より大きく吸える感じはありませんか??

少しでも楽に吸えるようになっていたらいいなと思います。


次回も呼吸について載せていきますね。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

【店舗住所】〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-11-7 ホテイビル6F



メールでお問い合わせ